古いカメラだって売れることが判明した

    
     

めちゃくちゃ古いカメラがいくつもあった。

そんなカメラなんて価値ないだろうと思っていたけど
試しにある店で査定してもらったところ、全部で6万円で売れるという見積もり結果でした。

「え!?そんな金額で売れるんですか?」

と、あまりの金額にビックリして即決しようと思いましたが
そこで欲がでてきてとりあえず保留することにしました。

結論を言えば、この考えが大正解!

その場で売っちゃっていたら危うく数万円も損するとこでした。

 

古くても価値あるカメラ

カメラって精密機械です。

保管状態が悪いと劣化してしまい、正常に動かなくなってしまいます。

ただ、古いカメラの場合、劣化して故障していても
デジタルものと違って修理できる可能性があるそうです。

 

機械モノのため、素人には無理ですが知識ある人だと
壊れてたカメラでも正常に動くように直せちゃうそうです。

 

むしろ、多少壊れてるカメラのほうがマニア受けするケースもあるらしく
見た目がボロかったり、年季が入りすぎているカメラであっても
マニアにとっては価値アリと判断されるため、売れるということなんだそうです。

 

売れないカメラもあった

素人目には同じように古いカメラなのに値段のつかないカメラもありました。

「何が違うのか!?」

疑問に感じたので調べてみたところ
価値があるカメラとそうでないカメラは機種・メーカーによる違いでした。

 

そもそも人気がある機種だと売れますが、量販モデルで市場に中古品カメラが多数あるものだと、ほとんど値段がつかないケースが多くなってます。

 

あとは中途半端に古いカメラも売れません。
もっともっと古くてアンティーク的なカメラになれば価値があります。

 

たくさんカメラやレンズがあるなら出張が良いかも!?

 

こんなケースだと出張査定を利用してみるのがオススメ!
だって、カメラやレンズがいくつもあるなら、それらを持っていくのって大変です。
やっとのことで運んでみたものの、価値が0円なんてこともあり得ます。

 

そうなってしまったら最悪ですね。

 

だから、自分で持っていくのではなく、自宅まで来てもらうのがオススメなんです。

 

ただ、業者によっては値段が相当安くなるところもあるようなので
どこへ依頼すべきかよく検討しなくちゃなりません。

依頼すべき業者選びの基準については参考になるサイトを探し中です。

オススメなサイトがありました。
それが@カメラ出張買取です。

どうやってカメラの出張買取を依頼すべきなのかが一発でわかるサイトです。
遺品カメラだと安く売ることになりがちですが、予めあるポイントを抑えておくことで高額で売ることができるようになるそうです。これからカメラを大量に売ろうと考えてるなら是非チェックしておきたいところです。

PAGE TOP